MouseX::Types::Enum - PerlでJavaのenum(列挙型)のようなクラスを実現するモジュール

MouseX::Types::Enum MouseX::Types::Enum - metacpan.org Javaのenum型のように、フィールドやメソッドを持つ列挙型をPerlでも使いたくなったので、MouseX::Types::Enumというモジュールを作りました。 Dependencies Mouseの拡張モジュールとして作ったので、Mouseに依存しています。 使用例 MouseX::Types::Enumでは、Javaの列挙型のように各列挙定数がメンバ変数やメソッドを持つことが可能です。 使用例を以下に示します。この例では、 APPLE, ORANGE, BANANAという3つの列挙定数を定義しました。 use句でMouseX::Types::Enumを呼び出す際に、定義したい列挙定数の配列を渡してあげます。...

IntelliJ(Android Studio)のVimプラグイン「IdeaVim」の使い方と設定

この記事はJetBrains Advent Calendar 2017の最終日分の投稿です。前日まで空いていたため、滑り込みで参加させていただきました! IdeaVimとは IdeaVim Github: JetBrains/ideavim IdeaVimは、IntelliJやAndroid StudioなどのJetBrains系列のIDEで使えるVimプラグイン です。このプラグインを導入することでIntelliJなどをVimっぽく操作できるようになります。 リポジトリ名を見るとわかるように、JetBrainsの公式プラグインです。IntelliJの初回起動時にもオススメされます。 ※ 以下、IntelliJを例にして進めますが、JetBrains系列のIDEであれば基本的に一緒なはずですので自身の使っているものに置き換えてお読みください。 なぜIdeaVimを使うか (※個人的には) IntelliJとVimのそれぞれに対して以下の点に良さを感じています。 IntelliJ: 補完、コードジャンプ、リファクタ機能などの強さ、またそれらの設定の容易さ Vim: テキストエディタとしての編集操作の効率の良さ...

first commit

Jekyll + GitHub Pages でブログを作ってみた。 10分程度あればブログを公開するところまで持ってこれて、その後のカスタマイズの自由度も高そう 記事をMarkdownで書ける 記事をGitでバージョン管理できる など、色々と嬉しい。 普段の学習がインプットに偏り気味なので、アウトプットの場としてブログを活用していきたい。 ちなみに、JekyllのテーマはTale をベースにした。